萩市民病院

予約センター|一般外来の受付時間/午前 8:30〜11:30|予約制(救急は随時)|0838-25-1235

  1. DPC公表

病院概要

看護部

DPC公表

令和元年度 萩市民病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 164 54 12 23 77 107 361 485 495 176

令和元年度に当院を退院された患者さんについて、10歳刻みの年齢階級別に集計したものです(90歳以上は1つの階級に集約しています)。
地域の高齢化を反映して70歳代以上の割合が患者数全体の59.2%を占めており、年齢の階級別に見ても80歳代が495人と1番多くなっています。
また、当院は萩圏域で小児科を標榜している唯一の病院であるため、0歳代の患者数も多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)


内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100XX01XX0X 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 80 2.09 2.63 0% 64.85
050130XX99000X 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 73 23.36 17.71 4.11% 81.58
050050XX99100X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 72 3.18 3.01 2.78% 71.36
050050XX99200X 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 69 3.23 3.15 0% 69.72
050050XX02000X 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1・2あり 手術・処置等2 なし 副傷病なし 66 5.27 4.4 0% 71.98

内科で患者数が最も多い症例は、下部消化管(小腸大腸)の良性疾患(良性腫瘍を含む。)に対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除を行った症例です。上部消化管も含めて内視鏡による診断、治療を行っています。
2番目以降は心不全、狭心症、慢性虚血性心疾患の心臓カテーテル治療の症例です。当院では、心筋梗塞、狭心症に対する緊急の心臓カテーテル治療をはじめ、循環器疾患全般の診療を行っています。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270XXXX0XXX 食物アレルギー 手術・処置等1 なし 24 1.17 2.48 0% 5.63
040090XXXXXX0X 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 23 5.57 6.19 0% 2.13
040100XXXXX00X 喘息 手術・処置等2 なし 副傷病なし 22 6.23 6.64 0% 6.18
060380XXXXX0XX ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 18 4 5.39 0% 4.44
030270XXXXXXXX 上気道炎 14 3.36 4.94 0% 2.57

小児科で患者数が最も多い症例は、食物 アレルギーの検査・治療目的で入院された症例です。2番目以降は、急性気管支炎、ウイルス性腸炎等の感染症疾患が多くなっています。萩圏域唯一の小児科の入院設備のある小児科として、救急患者も含めた入院の対応を行っています。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160X001XXXX 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等   22 5.14 4.85 0% 72.77
060040XX99X70X 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 7あり 副傷病なし 20 3 4.62 5% 72.65
060335XX02000X 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 17 5.24 7.13 0% 64.53
060035XX99X4XX 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 11 3 4.37 0% 70.73
050170XX03001X 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 副傷病あり

外科で患者数が最も多い症例は、鼠径ヘルニアの手術症例です。2番目以降は、大腸の悪性腫瘍に対する化学療法の症例、胆嚢炎等の手術症例となっています。悪性腫瘍に対する化学療法については、計画的な短期入院を繰り返す必要があり患者数が多くなっています。
上記の疾患以外に消化器や呼吸器等の手術を行っています。
●病院情報の公表条件により、10症例未満については「-」の表示としています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800XX01XXXX 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等  57 38.6 25.94 42.11% 82.88
160760XX97XXXX 前腕の骨折 手術あり 29 11.03 5.54 0% 60.52
160690XX99XX0X 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 26 20.77 19.4 19.23% 82.19
160100XX99X00X 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 副傷病なし 12 3.75 7.34 16.67% 64.08
160610XX97XXXX 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 12 12.42 9.28 0% 53.92

整形外科で最も多いのは、股関節・大腿近位の骨折の手術症例です。平均年齢が82.88歳と高く、在院日数が比較的長くなっています。次いで、前腕の骨折の手術症例、胸椎、腰椎の骨折症例となっています。病状に適した機能を有する医療機関での治療が引き続き必要な症例においては、転院率が高くなっています。
急性期の外傷疾患をはじめとして、関節分野等の慢性疾患の治療も行っています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 8
大腸癌 10 25 24 1 7,8
乳癌 1 7,8
肺癌 1 7,8
肝癌 1 7,8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんについて、初発のUICC病期(ステージ)分類別患者数と、再発患者数を集計したものです。
なお、再発患者数は、他病院治療後自病院で再発を診断した症例も含でいます。
外科及び消化器科を中心として、診断から治療まで幅広く行っています。
●UICC病期分類は、国際対がん連合(UICC)によって定められた、原発巣の大きさと進展度(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の要素によって各癌を0期~Ⅳ期の5病期(ステージ)に分類したものです。
●病院情報の公表条件により、10症例未満については「-」の表示としています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 10.53 53.35
中等症 58 14.53 80.02
重症 16 20.56 85.13
超重症
不明

成人市中肺炎の重症度別に、患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。
重症度では、中等症(重症度1、重症度2)の患者さんの割合が多くなっています。
中等症(重症度1、重症度2)、重症(重症度3)の平均年齢は80歳以上と高く、軽症と比べると平均在院日数は長くなっています。高齢者の肺炎は重症化しやすく、治療にかかる日数も長くなる場合が多いと考えられます。
●病院情報の公表条件により、10症例未満については「-」の表示としています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 12 29.33 77.83 58.33%
その他

脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を発症日から「3日以内」、「その他」に分けて示しています。
発症日から3日以内の入院では、平均して29日程度の入院期間で点滴とリハビリ等の治療を行います。
また、専門的な治療が必要な場合や急性期治療が終わった時点で自宅や施設での受け入れが難しい場合は、患者さんの病状に適した機能を有する病院への転院を行っており、転院率は58.33%となっています。
●病院情報の公表条件により、10症例未満については「-」の表示としています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)


内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 90 0.29 1.12 0% 65.4
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 50 2.32 3.02 0% 73.52
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 25 0.8 3 0% 67.96
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 23 0 18.96 0% 68.26
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 20 2.3 12.9 20% 81.25

内科での手術別患者数で最も多いのは、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)です。術後の出血等がなければ入院翌日に退院となるため、平均術後日数も1.12日と短くなっています。
次に多いのは、経皮的冠動脈ステント留置術です。この手術については、病名や状態により手術名称(Kコード)が分類されています。病態的に緊急手術を必要とする急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術は、術前日数が0日と入院当日に手術が行われていることがわかります。


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 24 1.71 2.21 0% 67.29
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 1.5 3.45 0% 65.8
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 11 1.91 5.36 0% 81.09
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
K617-2 大伏在静脈抜去術

外科での手術別患者数で最も多いのは、ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)です。次いで、腹腔鏡下胆嚢摘出術、四肢の血管拡張術・血栓除去術となっています。平均術後日数も短い傾向にあります。
4番目以降の手術別患者数については、集計条件により患者数が10未満のため定義上-(ハイフン)としています。


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 37 2.68 38.08 45.95% 84.62
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕、下腿) 35 0.89 4.69 0% 55.8
K0731 関節内骨折観血的手術(肩、股、膝、肘) 19 3.21 28.37 26.32% 80.74
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 19 3.89 32.05 31.58% 80
K0462 骨折観血的手術(下腿) 15 2.6 22.33 0% 50.67

整形外科での手術別患者数で上位5症例のうち3症例が、骨折に対する骨折観血的手術です。最も多いK0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿)は、平均年齢は84.62歳と高齢者の方が多くなっています。当院での治療後、病状に適した機能を有する病院での入院治療を続けるため、転院率が45.95%となっています。
次に多いのは、骨折等の手術に用いた医療材料を除去する、骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿)です。
また、急性期の外傷に行う手術の他、関節分野等の慢性疾患の治療も行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる 10 0.51%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる

令和元年度に当院を退院された患者さんのうち、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機となった傷病名と同一であるか、異なるかを区別して症例数と発症率を集計したものです。
患者さんの状態が良好でない場合は合併症がみられることがありますが、起こり得る合併症については、事前に可能な限り患者さんに説明した上で、発生を最小限に留められるよう取り組んでまいります。
●病院情報の公表条件により、10症例未満については「-」の表示としています。

更新履歴

2020年9月26日 公開

 

 

ページトップに戻る