萩市民病院

予約センター|一般外来の受付時間/午前 8:30〜11:30|予約制(救急は随時)|0838-25-1235

  1. DPC公表

病院概要

看護部

DPC公表

平成28年度 萩市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 420 72 17 37 51 109 368 474 534 150

平成28年度に当院を退院された患者さんについて、10歳刻みの年齢階級別に集計したものです(90歳以上は1つの階級に集約しています)。
地域の高齢化を反映して70歳代以上の割合が患者数全体の52%を占めており、年齢の階級別に見ても80歳代が534人と1番多くなっています。
また、当院は萩圏域で小児科を標榜している唯一の病院であるため、10歳未満の患者さんの割合も高くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 103 3.17 3.06 0.97% 69.87
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 68 5.26 4.71 1.47% 70.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 58 26.03 17.95 10.34% 82.50
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 37 16.14 12.43 10.81% 85.30
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 3.12 3.22 0.00% 72.52

内科で最も多いのは、狭心症等に対する治療前、治療後の心臓カテーテル検査です。2番目は、狭心症等の冠動脈狭窄性病変に対してカテーテルを用いて拡張治療を行う手術症例です。当院では、心筋梗塞・狭心症に対する緊急の心臓カテーテル治療も行っています。
心不全については、平均年齢が82歳を超えて高齢の患者さんが多くなっています。平均在院日数も全国平均と比べ長くなっています。
なお、診療科別主要手術別患者数等の内科にある下部消化管に対する内視鏡的治療も当院では多い症例となっていますが、今回の病院情報の公表の集計条件から対象外とされているものは記載されていません。
小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 47 6.51 6.02 0.00% 1.17
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 39 6.05 5.79 0.00% 4.21
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 35 1.14 2.62 0.00% 8.31
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 6.63 6.42 0.00% 5.94
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 1.68 7.12 8.00% 5.56

小児科では、急性気管支炎・急性細気管支炎、肺炎、喘息の呼吸器疾患が多くなっています。
食物アレルギーについては、治療と小児食物アレルギー負荷検査が含まれています。
小児食物アレルギー負荷検査については、上記の患者数以上に行っていますが、今回の病院情報の公表の集計条件から対象外とされているものは記載されていません。


外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 15 3.13 4.41 0.00% 67.07
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 14 3.00 4.48 0.00% 66.00
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 12 2.92 4.50 0.00% 75.25
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 11 4.73 3.34 0.00% 66.45
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 6.30 7.61 0.00% 61.10

外科で患者数が多い上位3つを占めるのは、結腸・直腸癌の化学療法です。化学療法を施行するため、計画的に短期入院を繰り返す必要があるために多くなっています。
次いで、静脈・リンパ管疾患の手術症例、胆嚢炎等の手術症例となっています。
当院の外科では、消化器や呼吸器等の手術を行っていますが、治療部位や治療内容によって疾患種別が細かく分類されているため、それぞれの患者数の合計は、上位5つの症例と比較して少なくなっています。


整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 70 36.07 27.63 37.14% 86.41
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 16 35.00 26.26 0.00% 73.19
160610xx97xxxx 四肢筋腱損傷 その他の手術あり 13 18.92 10.04 0.00% 57.69
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 13 30.77 20.64 30.77% 76.62
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 11 10.18 5.49 0.00% 71.00

整形外科で最も多いのは、股関節大腿近位骨折で平均年齢が86.41歳と高く、在院日数が比較的長くなっています。当院での治療後、患者さんの病状に適した機能を有する病院で入院治療を続けるため、転院率が高い傾向にあります。
2番目は、膝関節症(変形性を含む。)の人工関節再置換術等の手術症例です。股関節大腿近位骨折と同様に比較的長い治療期間が必要となりますが、多くの症例で術前よりも状態や機能が改善するため、転院率は0%となっています。
次いで、四肢筋腱損傷の手術症例、股関節大腿近位骨折の人工骨頭挿入術以外の手術症例、前腕の骨折の手術症例となっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 6 3 2 1 4 4 1 7版
大腸癌 6 6 6 58 3 8 1 7版
乳癌 2 2 2 1 1 7版
肺癌 1 1 5 4 1 7版
肝癌 6 8 2 4 4 12 1 7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんについて、初発のUICC病期(ステージ)分類別患者数と、再発患者数を集計したものです。
なお、再発患者数は、他病院治療後自病院で再発を診断した症例も含でいます。
当院での患者数については、大腸癌の患者数が最も多く、次いで肝癌、胃癌、肺癌、乳癌となっています。
外科及び消化器科を中心として、診断から治療まで幅広く行っています。
●UICC病期分類は、国際対がん連合(UICC)によって定められた、原発巣の大きさと進展度(T)、所属リンパ節への転移状況(N)、遠隔転移の有無(M)の要素によって各癌を0期~Ⅳ期の5病期(ステージ)に分類したものです。
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 9.24 52.82
中等症 53 14.00 81.87
重症 12 16.67 84.42
超重症 12 16.67 86.00
不明

成人市中肺炎の重症度別に、患者数、平均在院日数、平均年齢を示しめしています。
重症度では、中等症(重症度1、重症度2)の患者さんの割合が多く、中等症以上の患者さんの平均年齢は、80歳以上と高齢になっています。
重症(重症度3)や超重症(重症度4、重症度5)と重症度が増すにつれ、平均在院日数も延びる傾向にあります。

脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群
I63$ 脳梗塞 24 24.67 81.38 50.00%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>
I679 脳血管疾患,詳細不明

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
今回の集計条件により、I63$脳梗塞の患者数は、発症日別患者数のいずれかが10未満ため合計値のみの記載となっています。
また、その他の脳疾患患者数については、合計値における患者数が10未満のため、「-」と記載しています。
脳梗塞の患者数の内訳としては、発症して早期に入院される患者さんがほとんどで、発症3日以内の急性期の割合が高くなっています。
全体の状況については、平均年齢は81.38歳と高齢者の方が多くなっています。平均して25日程度の入院期間で点滴とリハビリ等の治療を行い、半数の方が自宅もしくは施設に帰られています。
また、転院率50%の理由は、病状安定した後に患者さんの病状に適した機能を有する病院に転院することによります。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)


内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 91 0.89 1.45 1.10% 69.75
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 65 2.69 3.91 0.00% 71.15
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 23 0.70 2.96 0.00% 75
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 23 0.00 27.61 0.00% 68.22
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 18 4.00 10.39 11.11% 78.06

内科での手術別患者数で最も多いのは、内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満)です。この内視鏡的手術は、術後の出血等がなければ入院翌日に退院となるため、平均術後日数も1.45日と短くなっています。
経皮的冠動脈ステント留置術は病名や状態で手術が分類されています。病態的に緊急手術を必要とする急性心筋梗塞に対する経皮的冠動脈ステント留置術は、術前日数が0.00日と入院当日に手術が行われていることがわかります。
胸水・腹水濾過濃縮再静注法は、断続的に治療を行う必要があるため患者数として多くなっています。


外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 19 1.53 1.84 0.00% 62.84
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 12 1.92 3.92 0.00% 64.92
K617-2 大伏在静脈抜去術 11 1.18 2.55 0.00% 66.45
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 11 3.45 19.18 0.00% 71.18

外科での手術別患者数で最も多いのは、ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)です。平均術後日数が1.84日となっており、平均では術後2日で退院されています。
次いで、外科の診断群分類別患者数が多かった腹腔鏡下胆嚢摘出術、大伏在静脈抜去術、結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)となっています。
また、これら以外に「 3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数」で分類される癌の手術も行っています。


整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 58 2.91 30.07 32.76% 85.16
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 26 3.65 32.38 0.00% 73.62
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 24 3.83 31.42 29.17% 85.88
K0731 関節内骨折観血的手術 肩、股、膝、肘 18 3.39 35 27.78% 78.72
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 16 1.06 3.5 0.00% 64.13

整形外科での手術別患者数で最も多い骨折観血的手術は、肩甲骨、上腕、大腿と異なる部位の手術が合計されています。平均年齢は85.16歳と高齢者の方が多くなっているため、在院日数が比較的長くなっています。術後安定してからは、患者さんの病状に適した機能を有する病院での入院治療を続けるため、転院率が32.76%と高い傾向にあります。
次に多いのは、人工関節置換術(股、膝)で、転院率は0%でした。当院での手術治療後、全ての患者さんは自宅への退院となっています。
3番目は、人工骨頭挿入術(股)で、平均年齢も85.88歳と高く、上記の大腿の骨折観血的手術と同様の理由により、転院率が29.17%と高くなっています

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.04%
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 9 0.40%
異なる 0 0

平成28年度に当院を退院された患者さんのうち、最も医療資源を投入した傷病名が播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名と一致しているかどうかを区別して、それぞれの症例数と発症率を集計したものです。
「手術・処置等の合併症」は、合併症の起因となった処置・手術が当院以外で行われたものも含んでいます。
内訳は、足関節術後創部感染1件、臀部術後創部感染1件、下腿術後創部感染2件、MRSA術後創部感染1件、前腕透析シャント動静脈瘤1件、人工股関節感染1件、人工股関節脱臼1件、予防接種後発熱1件 計9件でした。

更新履歴

平成29年9月28日 公開

ページトップに戻る