萩市民病院

予約センター|一般外来の受付時間/午前 8:30〜11:30|予約制(救急は随時)|0838-25-1235

  1. 薬剤科

病院概要

看護部

薬剤科

イメージ画像1

薬剤科では、チーム医療の一員として、患者さんに安全で質の高い薬物療法が提供できるよう、常に努力しています。

業務内容の紹介

現在4名の薬剤師が、調剤、注射調剤、抗がん剤調整、薬剤管理指導(入院患者さんへの服薬指導)、医薬品情報、薬品管理等の業務を行い、ICT(感染対策チーム)やNST(栄養サポートチーム)など各種院内チームや委員会へも参画しています。
また、当薬剤科は、薬学生の実習施設でもあり、新しい薬剤師を育成する場ともなっています。

イメージ画像2イメージ画像3イメージ画像4

調剤

医師が処方した処方箋の監査を行い、患者さん毎の状態に合わせたお薬の用法・用量、相互作用(飲み合わせが悪い)などを確認した上で調剤を行っています。

注射調剤

内服の調剤と同様に注射処方箋に基づいて監査を行い、患者さん個人別施用毎にセットして払い出しを行っています。注射薬を取り扱う際には、投与量や投与速度、配合変化などについても確認を行い、安全で最適な薬剤の提供に力を入れています。

抗がん剤調整

薬剤師が安全キャビネットを用いて、抗がん剤の注射薬を無菌的に調整しています。

医薬品情報

医薬品が適正に使用されるように、必要な情報を収集・整理し、患者さんや医師、看護師など医療スタッフに情報提供を行っています。

薬剤管理指導

安心して治療を受けていただくために、入院中の患者さんやご家族に対して、お薬の効果、用法、副作用、相互作用などを説明しています。必要に応じて、医師、看護師、その他の医療スタッフと協議を行います。

薬品管理

医薬品を温度、湿度、光など、それぞれに適した環境で保管し、供給、在庫管理を行っています。法的な管理が必要な薬品については、法に沿った管理を行っています。

各種院内チーム

イメージ画像5

感染対策、栄養サポート、褥瘡防止、緩和ケアなど医師を中心としたチームで、医療スタッフとコミュ二ケーションを取りながら、各職種が専門性を発揮しています。薬剤師もチーム医療の一員として積極的にに関わっています。

認定・資格

日本病院薬剤師会 日本薬剤師研修センター
感染制御認定薬剤師 1名 認定実務実習指導薬剤師 2名
生涯研修履修認定薬剤師 4名 認定薬剤師 4名

患者の皆様へ

「かかりつけ薬局」を持ちましょう

イメージ画像6

日頃から、何でも相談できるかかりつけ薬局を持つことをお勧めします。複数の医療機関に通院している場合などに、同じお薬が重複して処方されてしまう場合や相互作用があるお薬が処方されることが増えています。かかりつけ薬局は、こうしたことの解消に役立ちます。また、薬の管理やADL(日常生活動作)に応じた剤型や用法の工夫、主治医への連絡・連携などにも携わっています。身近な医療提供施設として、かかりつけ薬局をぜひ活用してください。当院では、入院予定の患者さんが入院される前にかかりつけ薬局で服用中のお薬(点眼薬や塗り薬も含みます)について、お薬の重複や相互作用などについて確認していただいています。

「お薬手帳」を携帯しましょう

イメージ画像7

お薬手帳を提示することで、他に飲んでいるお薬との飲み合わせを確認することができます。また、副作用やアレルギー歴を確認することもできます。お薬手帳に記録することには、他にもたくさんのメリットがあります。例えば、救急車で運ばれるなどの緊急時にお薬手帳があれば、記載してある情報によって迅速に治療を受けることができますし、地震や災害により医療機関がストップした場合にも、お薬手帳があれば、今まで飲んでいた薬を証明し、お薬をもらうことができます。
お引越しや転勤などで、別の医療機関で受診することになった場合にも、お薬手帳の記録によりスムーズに効率的な診療を受けることができます。

ページトップに戻る