萩市民病院

予約センター|一般外来の受付時間/午前 8:30〜11:30|予約制(救急は随時)|0838-25-1235

  1. 消化器科

診療科

看護部

消化器科

消化器科では、内科的なアプローチで食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管のほかに肝臓、胆のう、すい臓などの病気を専門的に取り扱っています。
最近、内視鏡(胃カメラ、大腸ファイバー)は診断だけでなく、内視鏡治療が盛んに行われるようになっており、当院でも消化管の早期がんの切除、ポリープの切除、食道静脈瘤の治療、手術によらない総胆管結石(膵炎や胆のう炎の原因)の排出術などを数多く手がけています。特殊な治療としては、早期胃がんに対する粘膜切除術あるいはアルゴンプラズマ凝固療法などを行っています。また、内視鏡機器の進歩とともに、胆のう、胆管、すい臓のがんについてもステントとよばれるプラスチックや金属の網状の管を挿入し、生活の質(QOL=Quality of life)を改善する治療も行っています。

また、肝臓については下記のように、各種肝炎(急性・慢性)・肝硬変・肝癌や生活習慣病に関連した脂肪肝や脂肪性肝炎やアルコール性肝障害など肝臓に生じるあらゆる病気の診療を行っています。

  1. 慢性肝炎
    肝生検・病理組織診断に基づいた最新の抗ウィルス療法を行います。
  2. 肝硬変
    病期の進行度に応じた治療(内服・注射・栄養療法など)を行います。
  3. 肝癌
    腫瘍肝生検による病理検査や腹部血管造影による検査及び治療を行います。経皮的治療ではラジオ波などの最新の医療機器を用いた先端治療やエタノール注入療法を行います。
  4. 生活習慣病に伴う肝疾患
    肥満の改善など院内栄養士と共に栄養療法に取り組み、生活習慣病の改善を図ります。
  5. 肝のう胞・肝膿瘍
    腹部超音波検査・透視下にドレナージ治療を行います。

その他、当科の特徴

萩市内外の医療機関及び山口大学医学部附属病院肝臓内科とも連携を図り、最適な治療を提供できる体制をとっています。

NCD(一般社団法人 National Clinical Database)の参加について

当院の消化器科は、一般社団法人 National Clinical Databaseが実施しているデータベース事業に参加をしています。この事業は日本全国の参加病院からの診療データを登録し、集計・分析を行う事で医療の質の向上を目指すものであり、患者さんにより適切な医療を提供するための専門医の適性配置が検討できるだけでなく、最善の医療を提供するための各臨床現場の取り組みを支援することが可能となります。
当科を受診される方は、何卒趣旨をご理解の上、ご協力賜りますようよろしくお願いいたします。

登録対象となる患者さんについて

当院消化器科において、治療を受けられた方が登録対象になります。ただし、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否していただく事ができます。なお登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

登録される情報の内容について

登録される情報は、日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断、手術等の各種治療やその方法等となります。これらの情報以外の患者さんを容易に特定出来る情報(氏名、住所等)は登録される事はありません。

NCD担当者の訪問による登録データ確認について

当院からNCDへ登録した情報が正しいかどうかを確認するために、NCDの担当者が患者さんのカルテや検査データなどを閲覧する事があります。当院がこの調査に協力する際は、NCDの担当者と守秘義務に関する取り決めを結び、患者さんの個人情報と登録したデータを結びつける事が可能となる情報を院外へ持ち出したり、口外することを禁じます。

NCDの詳細な情報につきましては、NCDのホームページまたは、下記のPDFをご覧ください。

NCDバナー

NCD患者さん向け資料

消化器科診療担当医師

松本 賢治
中村 宗剛

ページトップに戻る